賢い塾の選び方

塾選びの格言



塾選びの格言(2017年2月2日版)

格言の信頼性

その1   新聞折込チラシを頻繁に打っている塾・予備校・家庭教師派遣に、
いいとこ無し。
99%
その2 チラシを打つ回数が少なければ少ないほど、口コミで生徒が
集まっている塾。
99%
その3 誇大表現のチラシを打っている塾・予備校・家庭教師派遣に、
いいとこ無し(根拠のないナンバーワン、雄、最高、最強など)。
99%
その4 大したことがないことをいかにも立派そうにアピールしている
塾・予備校・家庭教師派遣に、いいとこ無し
(断片的な成績上昇の事例、形だけの自習室など)。
95%
その5 誤った日本語表現をしている塾・予備校・家庭教師派遣に、
いいとこ無し(「輩出」、「ら抜き言葉」など)。
95%
その6 正確な実力が分かる実力テスト(業者テスト)を実施していない
塾に、いいとこ無し。
90%
その7 料金不明朗の塾・予備校・家庭教師派遣・教材に、いいとこ無し。
(格言の信頼性は、チラシに料金を掲載してなければ95%、
ホームページを見ても料金が分からないならば100%)
90%
その8 テレビCMに巨費を投じている塾・家庭教師・教材・英会話に、
いいとこ無し(予備校の場合はテレビCM=ダメとは言えない)。
80%
その9 ホームページがかっこいいけど体温を感じない塾・予備校・家庭
教師・教材に、いいとこ無し。シンプルで素朴だけど指導者の
熱意を感じられるホームページの塾に、いいとこあり。
90%
その10 電話勧誘や家庭訪問セールスをしている塾・予備校・家庭教師
派遣・教材・英会話に、いいとこ無し。
100%
その11 急速に教室を増加させている塾・予備校や講師の定着率の悪い
塾・予備校は、慢性的な人材不足に陥っているため、平均的な
講師の質が低く、いい先生に巡り会う可能性が低い。
100%
その12 1教室当たりの正社員数の少ない塾・予備校、正社員比率の
低い塾・予備校、大学生バイト率の高い塾・予備校は、教室
管理体制が甘いので指導力だけでなく生徒の安全性も低い。
100%
その13 「授業料まとめ前払い」(半年分・1年分・数年分など)の
塾・予備校・家庭教師・英会話に、いいとこ無し。
90%
その14 「学生がサークル的にやってます」という手作り風のダイレクト
メールやチラシの家庭教師派遣は、実態は高額教材販売会社。
家庭教師を派遣した後に教材を売り込むという会社もあり。
100%
<解説−1>
生徒募集費(営業マンやテレアポの人件費、広告宣伝費など)をたくさんかけていると、その分、
指導の質に関する費用(講師人件費や教材開発研究費など)を削ることになるので、同じ料金で
受けられるサービスの質やきめ細かさが低下してしまいます。教育関連ビジネスの場合、
良心的にやっているところは、口コミで生徒が集まるので、広告宣伝をあまりしていません。
<解説−2>
儲け主義で経営されている塾の大半は、1教室当たりの正社員数が少なく、全体として正社員
比率が少なく、講師は大学生のアルバイトばかりです。正社員の教室長も、社員の定着率が
悪いため、入社数年の20代の人材(給料の安い人材)であることが多いです。このような体制
だと利益率が高いので急速な教室展開が可能になりますが、質の高い指導は望めません。
しかし一度儲け主義になってしまったら、その塾が貢献主義に戻ることはほとんど不可能です
(利益率が大幅低下し、社員の給料の大幅カットか授業料の大幅アップが必要となるため)。
 参考ページ:8.塾に関する資料集(大手塾の教室数と従業員数のデータを追加しました)

*格言の信頼性は、当方がこれまで見聞きした経験からの数値です。
 客観的なデータに基づくものではありません。だいたいの目安です。


次の項目 −−− このホームページの使い方

トップページへ戻る